カバン選びと振袖

人生で初めて振り袖を着る女性は振り袖の下にどんなアイテムを身に付けるのか知らない人が意外と多いです。通常はブラもキャミソールも全て着ては駄目です。肌襦袢と呼ばれるインナーを素肌の上から羽織って、さらにその上から着物を重ね着していくのです。パンティーはいいですが他は裸が普通です。
着る人と振り袖の相性もありますが、実際は周りとのバランスも頭に入れなければ駄目です。成人式などは周辺にも多くの女の人が集まるので、周辺の女の子たちが身に付ける振り袖の色も少しは考慮して、その群集の中でも自分だけがどれほど艶やかに目立つかを計算してみるといいです。
基本的には振り袖にバッグを合わせる女の人が多いのですが、このごろでは振り袖に巾着を合わせても平気な雰囲気になってきました。巾着は浴衣にしっくりくる道具ですが、振り袖にも似合います。しかし、卒業式や結婚式などかっちり感が求められるシーンでは、巾着以上にバッグの方が最適です。
西洋のファッションを振り袖に取り入れたアレンジが今は大人気です。完全な和装とも言える振り袖にレザーの手袋を合わせたり、おもちゃのシルクハットと杖を振り袖に組み合わせたり、いろいろとあります。髪にも斬新な装飾があしらわれているのです。

可愛いデザインの今風の振袖が最近では販売されていて、成人式の中でそれらを着たい女子もたくさんいると思うのですが、わざわざ今風の振袖を新たに購入しなくても母親から頂いた着物を改良して可愛く変身させる手段もあるので認識しておくといいでしょう。近頃では手直ししてくれるというお店はたくさんあります。
意外に感じるかもしれないですが、振り袖をレンタルしたお店などで一緒に草履も借りると履きやすい草履が手に入りやすいです。レンタル用の草履はこれまでに何人もの女子が履いているため、歩きやすく慣らされています。傷みももちろん目立たないので、下手に買うなら借りても何ら問題はありません。

近年はインターネットに振り袖の専門カタログが掲載されています。生まれて初めて振り袖を選ぶ場合は、お母さんとあなたの2人で一緒に専門カタログをチェックし、その上で実際の店舗に出向き、頭のイメージを専門のスタッフに伝えてみましょう。その上で試着を行って、その中から一着に絞り込んでいくといいです。
両方に特色が出ているのですが、スタンダードなものとモダン柄の振袖のどちらを選ぶかは個人が気に入った方でいいと思われます。長期間使うならスタンダードなものがおすすめですが、成人式において一回しか身に付けないというのであれば、その時に一番気にいったものを選ぶことによって気分よく着用することができるのです。

Leave a Reply

*